Views

  • 最新法務情報

    株式消却益はあくまでも時価で消却したものとして益金に算入すべき pdfファイル EY Japanウェブサイトへ (北村豊弁護士)

    東京高裁は、平成26年6月12日、旧商法規定により株式を時価で消却することができない場合でも株式消却益を時価で消却したものとして益金に算入して法人税を課すべきか否かが争われた税務訴訟において、これを肯定する判決を下しました。

  • 最新法務情報

    労働問題と取締役の個人責任 pdfファイル EY Japanウェブサイトへ (久保田淳哉弁護士)

    労働問題に関する法的責任は、使用者である会社のみならず、取締役個人にも及びます。これは単に「理論上あり得る」という話ではなく、現実に、様々な労働問題で、取締役個人の損害賠償責任が肯定された裁判例が存在します。賠償額が多額となるケースもあり、留意が必要です。

  • 最新法務情報

    ビットコインに係る消費税の課税関係 pdfファイル eytaxウェブサイトへ

    昨今、フィンテックの議論が高まるなか、オンライン上で流通する仮想通貨にも注目が集まっています。本稿では、仮想通貨のうち、認知度を高めつつあるビットコインの消費税法上の取扱いについて、現時点での解釈及び、昨今の議論をご紹介します。

  • ネット販売事業に用いていたアパート等は「恒久的施設」に該当 pdfファイル

    東京地裁は、平成27年5月28日、米国居住者がインターネット経由で自動車用品を日本の顧客に販売する事業に用いていた日本国内のアパート等が「恒久的施設」に該当するか否かが争われた税務訴訟において、これを肯定する判決を下しました。

  • 金融機関に求められる民法(債権法)改正対応 pdfファイル

    民法(債権法)改正法案には、金融機関の各種約定書等にも影響する定型約款に関する改正が含まれているほか、金融機関の貸付や債権の保全、回収に関係する債務の保証、債権譲渡や相殺などの金融取引法と呼ばれる規定も見直されます。